LINEで続ける Facebookで続ける 電話番号で続ける Appleで続ける
withのご利用情報がSNSに公開されることはありません。
複数アカウントの作成、保有、または利用する行為は禁止されており、会員アカウントを停止・永久凍結もしくは強制退会させていただきます。
Jさん 30歳 神奈川 × Fさん 30歳 東京
平穏な日常を過ごせる最高なパートナーです!
Fさん 30歳 東京 女性
■withを利用した期間
12ヶ月未満

■恋人がいなかった期間
1年未満

■どちらからいいね!しましたか
男性から

■初めて会うまでの期間
1ヶ月以内

■交際するまでの期間
2週間以内

■マッチングで重要視したもの
プロフィールの文章、共通点の多さや種類、ルックス、心理テストの結果、登録している好みカード、その他

Q:withを始めた・選んだ理由は?
もともと違うマッチングアプリを使っていて、いまいち良い人がいないなと思っていたときに、同じ時期にマッチングアプリを始めた友人から「心理テストがあって面白いよ」とwithを勧められたことがきっかけです。

Q:今までの恋活や婚活でうまくいかなかったことは?
もともと、長く付き合った人に振られたことがきっかけでマッチングアプリを始めました。
いろんな人とメッセージのやりとりをしたり、デートをしたりしましたが、「良い人だけど好きになれない」状態が続いていました。
仕事が忙しい時期でもあり、帰宅途中の電車の時間だけで色んな人とメッセージのやりとりをすると、誰とどんな話をしたかわからなくなったこともありました。

Q:withで異性を探す際に大事にしていたことは?
プロフィール写真で、口角が上がっていて、きちんと笑っていること。 お見合い写真のようにキリッとキメている方も多いですが、実際にお会いした時に写真と表情が違うなと思うこともあったので、一番人柄が出る笑顔の写真を大事にしていました。

Q:お相手と実際に会ってみようと思った理由は?
アプリでのメッセージのやりとりがすごく長く続いて、その後のお電話も朝まで会話が弾んだからです。
会った時の印象も、写真通りの笑顔で良かったです。事前にお電話まではしていたので、声のトーンはわかっていましたが、実際の表情も、写真通り明るい人だなとほっとしました。
パンが好きとちらっと話していたことを覚えてくれていて、フルーツサンドを持ってきてくれました。心地よい会話のテンポも味の好みも一致するなんてと感激しました。

Q:印象に残っているお相手とのエピソードは?
コロナでなかなか遠出もしにくかったので、「1ヶ月合宿」と名前をつけて、私の家でプチ同棲をしました。 狭い一人暮らしの部屋で、付き合って3ヶ月くらいの一番盛り上がっている時期だったから出来たことかなとは思います。今だったら我慢できないこともありそうです笑
お互いリモートワークだったのですが、会議の日は出社したりトイレから参加したりして、お互い必死に調整するのも面白かったです。
また、近くで働く分、相手の仕事への態度がわかるのも、相手の理解が深まるのでとても良かったです。
狭いテーブルでご飯を並べておいしいねと言いながら食べる日々は、今思い返すとキラキラした特別な日々でした。

Q:交際を決めた理由・交際を決めたエピソードは?
初めてのデートで交際を決めました。
緊急事態宣言中にマッチングしたので、最初は会うこともないままメッセージと電話でやりとりしていたのですが、そろそろ会いたいなという気持ちが高まったタイミングで、緊急事態宣言明けの最初の休日に初めてデートができました。 自粛期間で久しぶりの外だったことも嬉しくて、公園で二人ピクニックシートを引いて、しゃべったり遊んだり、あっという間に日が落ちました。
「楽しすぎて帰りたくないね」とお互いに言いながら外でお酒を飲んだりして、お金のかかることはほとんどないデートでしたが、肩肘はらず、平穏な日常を過ごせる相手だということが最初のデートでわかったので、すぐにお付き合いに発展しました。

Q:結婚を決めた理由・結婚を決めたエピソードは?
元々すごく気が合ったので、結婚前提でお付き合いをしていましたが、周りの人の押しがあってこそ、結婚への決意を固められたと思います。
マッチングアプリの恋は点と点の出会いで、学生時代などのリアルな友人関係から始まる恋は面と面の出会いだと思っています。
面と面の出会いなら、相手の人となりや周囲の人の評判や人間関係、集団の中の立ち位置などがわかった上で恋愛できますが、マッチングアプリは完全な二つの点が繋がった線でしかなくて、どことなく不安でした。私はこの人いいなと思ってるけど、実は裏切ったりしないかな?などと、過去の経験から相手を見る目については自信がなく……そこで周りの人を頼ることにしました笑
私の友人からも「こんなに気が合って、なんでも話し合える人いないんじゃない?」と言ってもらいましたが、一番印象的だったのは、彼の親しい友人に会ったときの会話です。
彼の友人から「マッチングアプリで会って、不安に思っているかもしれないけど、この人の頭の辞書には"搾取"という言葉はないから安心してください」とストレートに話してくれて、やっぱり私の恋人は信頼できる人なんだと思いました。 共通の友人をどんどん紹介することで、気が合う人たちにも会えて、お互いの世界が広がった感じもしました。
私の場合は、お互いの友人たちにお似合いだよと応援してもらったことで、自然と将来を考えるきっかけになったと思っています。周りの人たちがこんなに推してくれるなら、きっと幸せになれるだろうと思いました。

Q:これからwithを始める人へのアドバイスを!
焦ることも迷うこともたくさんあると思いますが、どうか妥協しないでください。 私の周りでマッチングアプリを使った人たちの中で、付き合ったら好きになれるかも……?と付き合って、うまくいった人を知りません。この人好き!と思える人と付き合ってください。
それまでは、いろんな人とコミュニケーションをとりながら、「こういう人は好き」「こういう人は苦手」という自己分析を重ねておくと、ビビッとくる人を見つけるのが簡単になると思います。
まだマッチングアプリで出会うことは、リアルな人間関係の中で出会うより市民権がないかもしれません。私も最初は抵抗がありましたし、上の世代からすると理解しにくい出会い方かもしれません。 でも、さまざまな好みや情報をもとにAIが計算してつないでくれた縁だと思って、大事にしていきたいと思っています。
自信をもって、withを使いこなして欲しいです!

ご結婚おめでとうございます。二人の仲が深まり特別な思い出になったという「1ヶ月合宿」のエピソードがとっても印象的でした!また、周りのご友人からの応援が将来を考えるきっかけとなった、といったエピソードにも大変胸が熱くなりました。これからも末長くお幸せに! with 運営一同
withレポート大募集中!
レポートに応募する
アプリ版with 出会いは性格診断から。