LINEで続ける Facebookで続ける 電話番号で続ける Appleで続ける
withのご利用情報がSMSに公開されることはありません。
複数アカウントの作成、保有、または利用する行為は禁止されており、会員アカウントを停止・永久凍結もしくは強制退会させていただきます。
Sさん 26歳 愛媛 × Mさん 28歳 愛媛
自粛期間を経てもっと彼の隣りにいたいと強く思うように
Mさん 28歳 愛媛 女性
■withを利用した期間
3ヶ月未満

■恋人がいなかった期間
3年未満

■どちらからいいね!しましたか
女性から

■初めて会うまでの期間
1ヶ月以内

■交際するまでの期間
2週間以内

■マッチングで重要視したもの
プロフィールの文章、共通点の多さや種類、ルックス、登録している好みカード

Q:withを始めた・選んだ理由は?
日本でメジャーとされるマッチングアプリは全て試しました。その結果、マッチングアプリの中で一番使いやすかったです。大手マッチングアプリの中でも、会って話すまでに時間がかからず、趣味も似通っていたのは圧倒的にwithで出会った方が多かったです。某結婚相談所などにも登録していましたが、アプリは手軽で身近で近所の友達の友達に知り合うような感覚で、とてもやりやすかったです。

Q:今までの恋活や婚活でうまくいかなかったことは?
25歳の頃から恋活、婚活を開始しました。はじめは婚活パーティーに参加していましたが、男性の年齢層が高すぎて話も合わず、大勢の方と回転寿司方式でマンツーマンの雑談を繰り返すのがストレスでした。街コンにも参加しましたが、飲み会のような軽いノリで来られてる男性グループが多く、真剣な交際というよりは遊びのノリで良い印象ではなく、いずれも交際に発展することはありませんでした。
某結婚相談所は入会費用も毎月の会費も高額な上に、参加している方々は消極的な方が多く、気が合いませんでした。お互いにスペックを見せ合い品定めするようなシステムで、会話も弾まず、価値観も趣味も合わずでした。また、チャット機能もタイムラグがありイマイチで、正直会うまでどんな方か分からず、毎回その退屈な時間のためにお金や時間を犠牲にして辛かったです。不誠実な方も多く、お付き合いに発展しかけても、突然連絡が取れなくなったり、悲しい思いをすることも多かったです。

Q:withで異性を探す際に大事にしていたことは?
価値観が合う、趣味が合う人を探すために、自分の趣味や考え方を積極的に開示しました。音楽が趣味なので、一緒に野外ライブやライブハウスに行けるような関係性を築きたかったため、会話の中でも「お休みには何をしているのか?」「普段何に興味があるのか?」を積極的に聞き、もし私とお付き合いするならこんなデートをします!とイメージさせられる会話を意識しました。
また、私の年齢も年齢だったので、相手が結婚に対して前向きであるのか、真剣に交際出来る方なのか、過去の恋愛や将来の夢などを聞きながら理解することを大切にしていました。

Q:お相手と実際に会ってみようと思った理由は?
毎日、必ず丁寧に連絡をくれており、その内容も私の会話の一つ一つをこぼすことなく拾って返してくれていました。私は当時、正直アプリにはあまり期待をしておらず、軽い気持ちでやり取りしていましたが、それでも文面から伝わる誠実さに、会ってみたいなと思うようになりました。
会おうと決めていた日の数日前に、私が体調を崩して寝込んでしまいましたが、その時にもドタキャンだとか勘ぐることもなく、素直に心配してくれていて、会ってもいないのに優しい良い人だと思い、ますます好感度が高まりました。ようやく体調も戻り、夕飯を一緒に食べに行きましたが、そこに現れたのは写真より温和でカッコよくオシャレで、スマートな方でした。人見知りらしく物静かで、でも一生懸命楽しませようと色んな会話をしてくれる様子が好印象でした。実際に会ってみると、アプリでの印象とはまた違う、優しく素直で親しみやすい男性でした。

Q:印象に残っているお相手とのエピソードは?
初めてのデートで、焼き鳥屋さんでお酒を飲みました。話も盛り上がったところでラストオーダーになり、物足りなかった私は生ビールの大ジョッキをオーダーしたのです。入籍後、彼に「実はあの日、初対面なのに、まさかラストオーダーで生ビールの大ジョッキを頼むだなんて思わなかった」と笑われました。あの時の私は、初対面でも着飾らず、楽しくて仕方がなかったので、何とも思わずにありのままでオーダーしてしまったのだろうと思います。彼もお酒が大好きで、私も大好きなので、晩酌をしながら時折思い出す、懐かしい笑い話です。今ではお義母さんお義父さんにも、そのエピソードで笑われます。

Q:結婚を決めた理由・結婚を決めたエピソードは?
初めての居酒屋デートが終わり、二回目に会った時、デートで海辺を歩きながら彼が「こんなにゆったりしたデートは初めて。ずっとこうして浜辺を歩いていたいな。」と言ったのを聞いて、私も全く同じ気持ちだったので、急激に惹かれていきました。もっと色んなところに一緒に行ってみたいと私がデートプランを提案し、三回目のデートをした時も本当に楽しくて、ずっと前から知り合いだったかのような気持ちになりました。それから交際を開始し、程なくして、コロナの影響で公私共々行動の自粛を余儀なくされ、外出も出来ず、ひたすら家で大人しくしていました。
私の性格上、外出するのが好きなので、ストレスが溜まってしまうのかと思っていましたが、彼といると普通の何ともない日常までも楽しくて、おうち時間も悪くないな〜、と考え方が変わりました。二人で一緒にいる時間を、自粛期間中に積み重ねるほどに、このままずっとこの人の隣にいたいと思うようになりました。こんなに一緒にいても、まだまだもっと一緒にいたいと思うのだから、一生添い遂げたいと思ったタイミングで、彼から「結婚しませんか?」とプロポーズされました。

Q:これからwithを始める人へのアドバイスを!
恋愛に行き詰まると、「自分自身に何か問題でもあるのかな?」「もっと変わらなきゃいけないのかな?」などと思い悩むこともあると思います。色んな方とコミュニケーションを取り続けるのも、正直疲れてしまうこともあるんじゃないでしょうか。私もそのうちの一人でした。
色んな方と恐れずに知り合っていくなかで、たくさんの学びがあります。無理に変わろうとしなくても大丈夫です。
努力次第で、ありのままの自分を受け止めてくれる人がきっと見つかります。withがくれた出会いをきっかけに、夫の家族や親友、親友の奥さん、職場の先輩……と日を追うごとに人とのつながりも広がっていきました。たくさんの新しい出会いに恵まれ、友達も増えて、新しい趣味にも出会うことが出来ました!月に数回みんなでヨガ教室に通ったり、麻雀をはじめてみたり、ホームパーティーをしたり、毎日とても楽しいです。
普通に生活するなかで知り合う人には限界があると思いますが、アプリには可能性が無限大です。夫とは、趣味が本当に合います。過去に夫が行ったことのある音楽ライブの話を聞くと、私も同じライブに行っていて驚いたことが多々あります。確実にどこかですれ違っていて、同じライブハウスにいた相手と、こうして場所や時間を超えて知り合える時代です。そんなアプリを最大に活用して、ありのままの自分自身を大切にしながら、運命の相手を探し当てていきましょう。応援しています!

ご結婚おめでとうございます。幸せが溢れ出る素晴らしいレポートですね!自粛期間を経てさらに彼の隣りにいたいと思うようになったというエピソードに心を打たれました。末永くお幸せに! with 運営一同
withレポート大募集中!
レポートに応募する
アプリ版with 出会いは性格診断から。